So-net無料ブログ作成
検索選択

うちの愛車?ディーノで~す。(^_^)v

美しいですよね。自分はフェラーリの中でこの車が一番好きです。
まぁ実車は買えませんが、LAWSONの『Ferrari奇跡の名車コレクション』
でもらいました。1/72 スケールモデルなのですが中々の代物です。
如何ですか?貴兄もオーナーになりませんか?


Dino 246GT 」 FAJ28-80mm/F3.5-5.6(80mm/F38.0)
+CLOSE-UP No1+No3+トリミング有
(以下、北澤 志朗 様の文章です。)
 ディーノはフェラーリのロードカーとしては珍しく、フェラーリの名も跳ね馬のマークも付きませんが、れっきとしたフェラーリの1モデルで、純粋なロードカーとしては同社初のミッドシップです。1967年に2リッターの206GTとしてデビューし、69年にパワーユニットを拡大して246GTに発展しました。246とは2.4リッター、6気筒を意味します。このエンジンは1963年のティーポ156F1が搭載していたV6ユニットをベースに、ロードユース用にデチューンしたもので、親会社のフィアットが生産を担当し、フィアット・ディーノという兄弟モデルも生まれました。
 ディーノになぜフェラーリの名が冠されなかったのかについては諸説があり、従来はエンツォ自身が「12気筒以外はフェラーリと認めない」と言ったから、という説が有力視されていました。しかし、これはスーパーカー・ブーム以後にフェラーリを知った人々の勝手な思い込みと言うべきでしょう。50年代、60年代を通じて、フェラーリを名乗るモデルの中には4気筒や6気筒、8気筒も存在していたのですから。
 そもそも、V6のレーシング・エンジンをエンツォに提案したのは、その完成を見る事なく夭折した愛息アルフレディーノだったと言われています。ディーノは、元々はエンジンの名前だったのです。その流れをくむV6を搭載したロードカーに、「フェラーリ」ではなくただ「ディーノ」という名前と専用のエンブレムを与えたのは、エンツォの父としての深い愛情のなせる業だった、というのが本当の所でしょう。(word by 北澤 志朗 様)


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 1

しろくま

戸田荘さんいらっしやいませ。
早速買わせて頂きました。情報ありがとうございます。
写真は思い切りアップで撮ってみたのですが、
もう少し下から撮った方が色っぽかったかな?とか
ピントはヘッドランプでは無く『Dino』マークのほうが良かったかな?
と満足できてません。
by しろくま (2006-05-01 07:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。